武道用刀剣専門店 池田美術

2019.12.29

寝刃合わせ

netabaawase

斬れ味の落ちた刀を簡易に蘇らせる方法として、寝刃合わせと言う事が昔からされています。

 

書物などによって、書いている内容が少し異なるので、私の理解で書きます。

 

どんな刀も、刃物であるからは、少しずつは、斬れ味は落ちてきます。

 

これは、高級包丁も、日本刀も同じです。

 

そんな時、刃先の部分を僅かに研いで、斬れ味を蘇らせると共に、少しだけ、刃先を鈍角にする事で

 

刃毀れの防止にも繋げるというものです。

 

ただ、何でも寝刃合わせすれば良いというものでは無く、刀身の状態に合わせて、寝刃合わせで

 

行くのか、ちゃんとした研ぎに出すかも考えなければなりません。

 

古い刀剣商の方から、昔は、「こま」と呼ばれる円形の真ん中に穴を開けた砥石を、兵士が穴に紐を

 

通して、戦場に持参し、それで、刃を立てていたと話もお伺いしました。

 

ナイフで言う所の、タッチアップに近い感覚で捉えています。

 

ただ、本職の研師には、素人が、刃先を変にいじると、刃の形が崩れると言って嫌がる人もいます。

 

当店の斬れ味重視の研師さんも、事、刃の肉置きについては、極めて敏感で、精密機械の様な所が

 

有り、寝刃合わせを嫌います。

 

しかし、美術用の研ぎをされている刀の殆どは、刃紋は美しいものの、斬れ味と成るとてんで

 

ダメと言うものが結構多いのです。

 

現在日本刀は、鉄の美術品として、教育委員会の管轄下で美術品としての登録証を発行されています

 

ので無理からぬところはあるのですが、日本刀を実用品とする位置付けで販売している当店にとっては、

 

なかなか悩ましい問題が生じます。

 

刃紋は綺麗なのに、斬れ味は今一、こんな刀が一番困ります。

 

そこで、何振りか、刃紋の美しさを損なわない様に、慎重に、寝刃合わせをしてみました。

 

斬れ味は格段に上がりました。

 

流石に、刃挽きしてあるお刀は、刃先が丸すぎて、寝刃合わせでは、回復し難いですが。

 

でも、何振りか試した物は、全て、明らかに、パフォーマンス用としてではなく、

 

斬れ味は上がりました。

 

寝刃合わせを、サービスの一つにするのかどうか、ちょっと悩みます。


Top