武道用刀剣専門店 池田美術

2017.05.22

Q3 上下関係や規律が厳しくはありませんか。

A3
私は自分の所属する団体や、同流派の他道場のことしか わかりませんが、それぞれのカラーが有り、一概には言えません。
 
私の所属する団体では、絶対服従的な雰囲気は全くありませんが、「先生の言う事は絶対」的な道場もあります。
 
ただ、私の学ぶ流派は、会長自身非常に温和な方で、各支部の新人にも気さくに声をかけてくださるので全体的に温和な雰囲気の所が多いと思います。
 
また、年長者への礼等、社会人としての常識的なことは当然守らねばなりません。
 
ただ、「安全」に関しては、通常よりはるかに厳しく 規制しています。
 
私の所属する団体では、初段を取るまでは、通常の稽古で真剣を使うことは禁止されています。
(昔はそんな規則は無かったのですが、私は、入門時に既に真剣を所持しており、我流ながら実家前で、30?程度に切り出した竹を机の上に置き、そのまま切断するような稽古を長くしていましたので、「危ない奴が入会した。」と私が初段を取った以降に、こんな規則が作られました)   
 
練習中は、注意深い行動が必要です。
 
ましてや、ふざけて日本刀を振り回すなど もってのほかです。
 
また、周り(特に後方)に人がいないことを確認して、練習しなければなりません。
 
こういうルール(というより、常識)は会員全員に徹底しています。  
 
先輩や高段者の言うことには「絶対服従」という会もあるとか ないとか 聞いたことがありますが
 
いずれにしても、いきなり入門するのでは無く、1~2回は見学し、全体の雰囲気を見て自分にあった所に入門されるところをお勧めします。

Top